Life is Party

このブログを読んで、一言茶化してくれたなら。

総合職と一般職

ツイッターのトレンドでふと見た。

 

現代の高学歴女子は一般職を望んでいるらしい。理由は家庭と両立したいから。

これは夢がないわけではなく、向上心がないわけでもない、現代を生きる現実主義者だ。

高学歴だから職は選べるわけで、わざわざ仕事だけに生きる総合職を目指すよりも指示されたことをする方が楽だって考えるのも自然な話。

 

ぼくも同じように考えてる。たぶん総合職を目指すけどね。

 

キャリアに戻ることはできないからね。例えば、最初に楽々地銀に入行してやっぱつまんないな、って思っても、都銀にはいかない。逆に、都銀で若い頃働いて、辛いと思ったら、地銀に逃げるのはそう難しい話ではない。舐めてるわけじゃなくて、現実がそうじゃん。実際地銀に宮廷早慶がどれだけいるかなるという話。

 

だから最初は欲張ってみようかな。

ぼくだけしかできない仕事にもついてみたいからね。代わりがいるとやる気も出なさそう。

 

あとはやっぱり、一般とか総合とかの棲み分けがあるのがネックだよね、その中間が求められていると思う。定時帰りで転勤なしの管理職。なかなか実現は難しそう。

 

 

こう思うとやっぱ企業なのかなーとも。ぼくにそんな馬力はなさそうだけど…

 

社会に生きるのは大変だねー

社会から逃れられるほど強くないし…